給湯器と風呂釜の違いとは

給湯器と風呂釜は同じものと考えていませんか。実は別の機能を持つ物であるため、交換する時に間違えて取り付けないよう注意が必要です。具体的にどんなところが違うのか、どんなところに共通点があるのか、両方の機能を併せ持ったものはないのかについて理解しておくといいでしょう。

また、どれくらいの期間使えるのかなどを理解しておくと、更に利用しやすくなります。

給湯器の特徴と種類

そもそも給湯器とはどんな機械でしょうか。水を熱源を使って加熱してお湯にして、蛇口から出るようにする機械です。給湯配管工事を行っている蛇口であれば、家の中のどの蛇口からでもお湯が出ます。浴槽にお湯を落として貯めることやキッチンの蛇口からお湯を注げること、洗面所でお湯を使って洗顔することなどは、給湯器がなければ全てできないことといえるでしょう。

給湯器には蛇口からお湯が出る機能だけに限定されている物だけではなく、機械で不凍液と呼ばれる液体を加熱し、床暖房にあてている物も存在しています。給湯器と似て非なるものとして、瞬間湯沸し機があります。瞬間湯沸かし器はキッチンの流し台の上部に設置する壁付けのガス湯沸かし器が主流です。

洗面所やお手洗いに電気式の湯沸かし器を設置しているか、貯湯給湯器と呼ばれるものを設置している場合も少なくありません。キッチンに限定して設置できるのがガス湯沸かし器の特徴で、給湯能力は通常の給湯器よりはるかに低いです。

ガスの場合は使用するときに換気が必要ですが、電気式の場合は必要ありません。給湯器のほうが明らかに給湯能力が高く、大量にお湯が必要となるときには便利です。また、貯湯給湯器の場合、電気代が安い時間にお湯を沸かして貯めているため、お湯の量が足りなくなる場合もあります。

風呂釜の特徴と種類

風呂釜とはお風呂だけに特化している機械を指し、お風呂の湯沸しだけの機械と、追い炊き機能が付いている物が一般的です。ガスや電気だけではなく、石油や薪等を使って水を湯に変ずることができます。高度経済成長期には風呂釜だけのものが主流でしたが、現在では多機能を求むユーザーが増えているため、山小屋など特殊な設備以外ではあまり見られません。

バブル期以降からシャワーと風呂を同時に使えるようになりたいというユーザーの意見が増え、風呂釜に給湯器の機能が付いた風呂給湯器や、風呂釜と給湯器、更に浴室暖房乾燥機や床暖房といった機能が付属している物等が存在しています。

風呂給湯器の特徴としては、風呂を沸かしながら給湯配管工事を行った箇所全部でお湯を使えることです。給湯器と風呂釜の機能を兼ね備えているため、機械を複数取り付ける場所やコストを削減できます。設置するタイプは建物の壁面に設置するタイプと、浴室の隣の床部分に設置し、速やかに風呂を沸かせるようにするタイプが主流です。

壁面に設置する場合は浴室が風呂給湯器から離れていても迅速にお湯を沸かし、追い炊きができます。対して床置きタイプの場合は安定して風呂に給湯できるのが特徴です。なお、一部風呂給湯器を設置する場所がない場合、浴室の壁に穴を開けて、壁の中に壁貫通型風呂給湯器を設置する場合もあります。

どちらを取り付けたらいいのか

設置場所の広さや日常生活でどれくらいのお湯を使うのかを想定し、給湯器か風呂釜を設置したほうがいいでしょう。家族構成によって浴室の広さ、浴槽の大きさは異なります。また、浴室だけではなく、台所や洗面所などでお湯を使う頻度も違うため取り入れる給湯機器が変わるからです。

家族の人数や一度に複数の人数がお湯を使う時間がある場合、大量のお湯を沸かすことができる風呂給湯器を導入すると全員でお湯を十分使えます。一人暮らしやお湯をそれほど一度に大量に使うことがないなら、それほど大量にお湯が使えなくても問題ありません。

風呂に浸かる習慣がなくシャワーで十分と考える家庭では、給湯器を取り付ける場合が多いです。新築の場合、家族構成や給湯能力に対するニーズ、ライフスタイルなどを建築業者と相談し、最良の給湯能力を持つ給湯器を導入することができます。

リフォームのときに高齢者の介護・育児などお湯を使う必要があると感じているなら、今まで付いていた機械より給湯能力の高いものや多機能の風呂給湯器を導入するべきです。対して、子供たちが独立し、夫婦2人だけで暮らすためにお湯がそれほど必要ないと感じるなら、給湯能力の低い物を設置したほうがいいでしょう。

風呂釜・風呂給湯器の故障によって取り替えなければならない場合、現在使用していて不便な点を改善できる物を取り付けてください。現在使っているものに不満がなければ、同じ給湯能力の物を取り付けましょう。

給湯能力とは何か

給湯器や風呂給湯器を取り付け・取り替える時に、取替業者から「20号がいい」「24号がいい」と勧められることがあるでしょう。20号や24号とは何を意味するのかわからない、という人も少なくありません。給湯器の号数は、お湯を作る能力の事を指します。

たとえば20号の給湯能力を持つ機械の場合、1分間に20リットルの水の温度を25度上げることが可能です。1分間で20リットルの10度の水を35度にあげられる能力は、2人から4人家族がお湯を快適に使える量といえます。

ただし、家族構成や家族のライフスタイルによってはもう少し給湯能力が必要となることも、その逆となることもあるため、ライフスタイルや家族の使用するお湯の量を相談して決めてください。

(給湯器が匂いを発しているときの原因と対処法)

どれくらいの期間使用することができるのか

使用頻度や設置されている場所、気候、使い方によって、給湯器や風呂釜の寿命は大幅に異なります。早い家では5年ほどで交換することもありますが、長持ちする家では15年以上使っていることも珍しくありません。平均的に10年を目安として交換を検討したほうがいいといわれています。

理由として、10年以上経つと製造メーカー側で部品を破棄してしまうため、それ以上経った機械は部品がなくて直せないこともあるからです。また、統計によって10年以上経つ機械は故障が増えるといわれているため、故障することを見越して買い替えを検討したほうがいいでしょう。

これは風呂釜・給湯器・風呂給湯器どれであっても変わりがありません。

定期的にメンテナンスをしている家であれば、多少長持ちする可能性もあるといいます。